BLOG

生理のたびに肌が荒れる!たった2つの対策で肌質は変わります

セルフケア

生理のたびに肌が荒れたりニキビができたりを
繰り返しているあなた。

多くの女性が生理サイクルと連動する
肌質トラブルに悩んでおります。

女性は約1ヶ月の中で様々な変化が起こります。
体の調子はもちろん肌の調子にまで影響があります。
女性ホルモンはそれだけ体の内部環境に影響を与える仕事をしています。

美容鍼灸師である私が今回お伝えさせて頂く内容は
女性ホルモンと肌の関係についてです。

肌荒れやニキビでお困りの方は是非日々の参考にしてみて下さい。

女性ホルモンと肌の関係について

女性ホルモン

 

特に女性ホルモンには

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

という大切な2つのホルモンがあります。

お互いが生理サイクルの中で
増える時期や減る時期が存在しております。

エストロゲンが増える時期

1ヶ月の中で体調も良く内臓の状態も良好です。
また、肌に関してはニキビや肌荒れなどの肌トラブルが
起こりにくい時期になります。

プロゲステロンが増える時期

体のむくみやイライラなどのメンタル面にも
影響が現れてきます。

また肌に関してはニキビや肌荒れが起こりやすくなり
オイルコントロールがしにくい状態になります。

ホルモンバランスを乱れさせる要因

肌質を良くしていくには
ホルモンバランスとうまく付き合っていく必要があります。

  • 不規則な生活
  • ストレス
  • 食生活の乱れ

はホルモンバランスを乱れさせる原因になります。

特に生理前はホルモンバランスの変化で
肌の乾燥やバリア機能低下に繋がります。

また

  • アルコール
  • カフェイン
  • 喫煙

これらの過剰摂取はホルモンバランスの乱れや
肌荒れや肌質悪化の原因となります。

注意点は?

この時期は

  • エアコンの風
  • 紫外線
  • ホコリやアレルギー物質

などの影響も受けやすいため
注意が必要な時期です。

 

セルフケアのポイント

セルフケアや日々気をつけて頂きたいことは
2つあります。

 

セルフケアのポイント

生理前の注意点

生理前は皮脂分泌が多くなります。
洗顔もこの時期は特に優しくして頂く事が重要です。
もちろん過度な洗顔は逆効果ですので気をつけて下さい。

この時期は

  • むくみ
  • 頭痛、腹痛
  • イライラ
  • 眠気
  • 不安感
  • 疲れが取れない

などの体調にも変化が出やすい時期です。

気分転換やリラックスすることを
積極的に取り入れましょう。

注意点

注意して頂きたいのは自分がしたいことをして下さい。
寝るのが好きな人はそれでOKです。
映画が好きな人はそれでOKです。
自分にあった負担のない発散方法を心がけて下さい。

 

食生活と二便

肌荒れトラブルや老化などの美容に関することは
体の内側からというのが鉄則です。

この項目で大切なことは

  • 毒素出す
  • 栄養素を確保する

この2つになります。

美容のパックや薬用洗顔も大切ですが
大前提として体の内部環境がとても重要になります。

  • 便通を良くするようにすこと
  • バランスの良い食事

これだけである程度の肌トラブルを
防ぐ事ができます。

運動の重要性

もし便通が悪い場合や、便通は良いが
肌の悩みが改善しにくい場合は
軽い運動で汗をかくことも効果的です。

これもあくまでストレスなく
軽い運動で結構です。

必要な栄養素

食事に関しては

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

これらを意識的に摂取する事が
オススメです。

少し日々の生活を意識するだけで
肌質はとても良くなります。
是非、少しづつ気にして
取り組んでみて下さい。

まとめ

  • 女性ホルモンは肌との関係がとても深いです
  • 生活習慣やストレスはホルモンバランスに影響を与えます
  • 生理前は自分にあった発散を心がけましょう
  • 食事と解毒機能が変われば肌は変わります

いかがでしょうか?
女性ホルモンと肌の関係については
ご理解頂けたでしょうか?

肌質を良くするためには
生理での解毒は必須です。

是非今回の記事を参考に
日々の生活に習慣を取り入れてみては
いかがでしょうか?