BLOG

コスパがいい?安全?糸を入れる前に知って!糸リフトの知識と口コミ

美容知識

 

「顔のたるみが気になる」
「フェイスラインが下がってきた」
「美容整形を検討しているが怖い」

リフトアップを実現させたいあなた。
今回の記事では”糸によるリフトアップ術“についてまとめております。

糸によるリフトアップを検討している。
自分に合った美容医療を検討中している。

そのような方にはとても参考になる内容です。

糸によるリフトアップって何なの?

特殊な糸を使い、たるんだ箇所を物理的に引っ張り施術します。
韓国ではポピュラーで人気の施術になります。

糸にはいくつか種類があり、効果の持続や料金が少し異なります。

糸の種類

素材によって効果の持ちや細かい効果が異なります。

以前は金の糸というものがブームとなりましたが、現在取り扱いがある病院は少ないです。
その理由はアレルギー反応を誘発したり、MRI検査に影響があるためです。

リモドの見解

糸を入れることで、自然に綺麗なリフトアップを実現できます。
しかし、強くオススメはできないというのが私の見解です。
実際、お客様の声からもあまり良いイメージは持てません。

糸の種類は沢山ありますがお客様の経験ではコラーゲンリフトを選択されている方が1番多いです。

また、クリニックでかなりの金額の差があります。
医師の技量が大切で、明らかに左右が違ったりすることもあります。

お客様の声だと
「思ったよりもリフトアップ効果がもたない。」
「顔の中で糸が切れる音がする。」
という声もありました。

このことから、糸によるリフトアップについて私は消極的です。

メスによるリフトアップ術との違いは?

メスと糸の違い

  • コスパがいい
  • 安全性が高い
  • ダウンタイムが短い(1〜2週間ほど)

という3点が糸によるリフトアップのメリットとして挙げられます。

逆に

  • 効果が長持ちしない(約2〜3年)
  • 医師の技術差が大きい
  • 効果を出そうとすると結果コストがかかる

といったデメリットもあります。

まとめると

  • メスを入れるリフトアップ術よりも負担が少ない。
  • しかし効果はメスを入れる方が高い。
  • 料金も安価で抑えることができる。
  • 効果が影永久に続くというわけではない。

といった感じです。

失敗例

糸によるリフトアップは体への負担が少ないのですが、失敗もあります。
その中から特に多い3つをご紹介致します。

引きつった顔になる

強く引っ張られすぎることで起こります。
その結果表情が作りにくくなります

凸凹がお

膨らんでしまったり、逆に凹んでしまう場合もあります。
立体的な表情にしようとして施術した場合に起こる事もあります。

糸が透ける

担当ドクターの技術不足で糸が透けるケースがあります。
皮膚の厚みは個人個人で違います。
その方に必要な種類の糸の選択を誤ると起こります。

まとめ

糸によるリフトアップのまとめ

  • メスを入れる手術より体に負担が少なく安価での治療ができます。
  • 効果が長持ちしにくいケースが多いです。
  • ダウンタイムも比較的に短く、自然なリフトアップが実現できます。
  • 医師の技術力が顕著に出る治療法で失敗例も多いです。

いかがでしょうか?
糸によるリフトアップ治療に関する予備知識や実際の声を知ることができたでしょうか?

体の負担が少なくメスを使う美容整形より、気軽に受けることができますが永続的な効果は期待できません
ご自身の悩みの度合いや、どうなりたいのか?不安な要素は何か?を再度見つめ直して頂く事が大切です。

整形に抵抗はあるが、早く効果的に悩みを解消させたいのであれば当サロンにご相談下さい。
1番はあなたの悩みやコンプレックスが解消されることです。

これからも、美容のための本物の情報や実際の声をシェアしていきます。