BLOG

小顔矯正のプロが解説!エラを治す習慣と簡単な方法とは?

美容知識

 

エラの張りが気になり、治す方法を探しているあなた。
日々の生活習慣の積み重ねがエラと関係が深いのをご存知ですか?

Rimodoにお越しになられる方もエラで悩まれている方は多いです。

今回の記事では
エラの張りを治すために注意すべき習慣についてご紹介致します。

エラの悩み解消に是非参考にしてみて下さい。
そして、是非実際に意識してみて下さい。

エラを治すために必要な習慣は?

エラを治す習慣

エラの悩みを解消させるためには咬筋(こうきん)という筋肉が大切です。
この咬筋が過度に硬くなることでエラの張りに繋がってしまいます。

では咬筋が硬くなる習慣がどのようなものなのかを解説させて頂きますね。

毎日の食事の仕方

左右どちらかだけ使うなど、偏った咀嚼はエラの張りに繋がってしまいます。
もし気がついた時に、右だけ、左だけでご飯を食べているのであれば
その時から反対側も使うように心がけてみて下さい。

力が入り過ぎている

無意識に食いしばってしまっている方が多いです。
食いしばる=咬筋の緊張です。

この緊張状態が長く続きすぎることでエラが張ってきてしまいます。
気がついた時に緩めるようにして頂ければ大丈夫です!

寝ている時の歯ぎしり

歯ぎしりもエラを張らせてしまう大きな原因です。
寝ている時なので対策は少し難しいです。

これは歯科でのマウスピース治療では解決しません
上記に書いた日中に食いしばる習慣が減ることで解決される場合が多いです。

スマホやパソコンの長時間使用

スマホやパソコンを長時間使用していると必ず力が入ってしまいます。
この時に眼精疲労だけでなく咬筋の緊張も起こります。

理想は休憩しながら使用できるといいですね。
また、寝る直前までのスマホは睡眠中の歯ぎしりの原因や睡眠の質低下にも繋がります

寝る時はなるべく枕元からスマホを離してメリハリを持って寝るようにしましょう。

エラとストレス

これらの習慣には共通点があります。
その共通点とはストレスと言われています。
ストレスの解消をどのように努力するべきか?

もちろん、自分の中で
「これがストレス発散だ」というものがあれば1番です。

しかし、なかなかストレスの発散方法を持っている方は少ないように思えます。
次の項目ではストレスの発散について解説します。

簡単で効果的なストレス発散方法とは?

効果的なストレス発散方法

ストレスの発散聞くと何を思い浮かべますか?

そのストレス発散法は無理していませんか?
多くの人がストレスの発散をしようとして逆にストレスを感じています。

ではどうすればいいのでしょうか?

深呼吸がオススメです。
ストレスがかかって、食いしばりが強くなっている状態は同時に呼吸が浅くなっている状態です。
つまり、深く呼吸ができていない状態と言えます。

日常のどのタイミングでも大丈夫ですので、深呼吸をして頂くことをオススメ致します。
それだけでストレスの軽減はもちろん、食いしばりの緩和に繋がりエラの張り解消に効果的です。

まとめ

  • エラの張りは生活習慣が関係します。
  • 咬筋がエラと関連が深いです。
  • ストレスを溜め込まないことが大切です。

いかがでしょうか?
エラの張りを解消するために大切な習慣はご理解頂けましたでしょうか?

エラで悩んでいる人の多くは日々の習慣を少し気をつけるだけで劇的に改善されるケースもあります。
まずは自分が間違った習慣やストレスを抱えていないのか知ることが大切です。

今回の記事があなたの悩み解消に繋がってくれれば嬉しいです。
もし、少しでも早く効果的にエラの悩みを解消させたいのであれば僕に相談して下さい。